季節の食材が匠の技によって生まれ変わる。
食の彩り
他では味わえない感動が、ここにある。
その場で採れた食材をその場で頂く「地産地消」も旅の醍醐味のひとつ。赤穂のある兵庫県は、北は日本海から南は瀬戸内海まで、食材の宝庫とも呼べる土地。

様々にご用意した食材を日本の名水百選にも選ばれる清流千種川の水をもとに作られた地元のお米とともに心ゆくまでお召し上がり下さい。
秋の御献立一例
秋の彩り
  • 春:赤穂の春を告げる食材、桜鯛。これに勝る食材はありません。春の穏やかな海景色を露天風呂で楽しんだ後には、冷酒をお供に瑞々しい赤穂の春の味覚をお楽しみ下さい。
  • 夏:瀬戸内の夏の代表食材は穴子と蛸。この時期の蛸は柔らかく旨味が凝縮しています。暑い夏。きらきら光る海景色、さわやかな潮風と共に新鮮な赤穂の夏の味覚で乗り切ってください。
  • 秋:食材が揃う季節「秋」。赤穂では、松茸、渡り蟹などが主役です。秋の夜長、情緒あふれる瀬戸内の海を眺めながら、多彩な赤穂の秋の味覚を存分に味わって下さい。
  • 冬:赤穂の冬は皆様お待ちかねの牡蠣が出回ります。地元坂越で水揚げされる坂越牡蠣は清流千種川から流れ出た栄養をたっぷり。味が濃く甘みも感じられる正に海のミルクです。

このページの先頭へ